トラリピのマイナススワップは要注意!NZD/USDの運用をやめます!

トラリピ

イモラ家では、マネースクエアのトラリピで現在200万円+αを運用しています。

「トラリピって何?」という人は、こちらの記事を読んでもらえばイメージをつかんでもらえると思います。

2019年8月から始めたトラリピ運用は、目標利回りの年利10%を超える水準で利益が出ており、今のところ順調です。

ところが、昨日何気なく保有ポジションを見ていると、ショッキングな事実が!

イモコ
イモコ

前振りが怖いんですけど!

NZD/USDのマイナススワップがひどいことに!

イモラ家で運用している通貨ペアは、CAD/JPY、AUD/JPY、NZD/USD、MXN/JPYの4つ。

その中で一番さえない成績のNZD/USDのポジション一覧を何気なく見ていたら、

「何?!この赤字だらけ!!」

イモラ
イモラ

ショック!!

いや、評価損益のマイナスはいいんですよ。

トラリピは長期運用を前提としているので、含み損が増える時期があっても、それにはひたすら耐える覚悟はしています。

しかし、マイナススワップの忌々しいこと

これでは、いつか数百円の決済益が確定しても、トータルでマイナスになるのが目に見えています。

これは耐えがたい。

…ということで、NZD/USDの運用は今月いっぱいで辞めます。

NZD/USDに限らず、どの通貨ペアでもスワップがマイナスとなるレンジでは基本的に運用をしないようにするつもりです。

長期運用を前提としたトラリピでは、マイナススワップも「塵も積もれば」の状態になるので、みなさんもご注意ください。

イモラ
イモラ

長期運用で少額利益を積み重ねるトラリピでは、マイナススワップは思った以上に大敵かも…。

マネースクエアのスワップ状況

で、NZD/USDの運用を辞めたらどうするかの検討も含めて、マネースクエアのスワップ状況を整理してみました。

まず、2007年7月~2019年11月のレートの最高値と最低値から中央値を求めました。この期間を選んだ理由は、直近の大暴落であるリーマンショックを考慮するためです。

そして、11月28日時点の現在値が中央値より低い場合は「買レンジ」、高い場合は「売レンジ」と判定し、そのレンジで適用されるスワップを赤字で示しました。

こうやって見ると、USD/JPYを除いて現在は軒並み買いレンジとなっていることがわかります。

ドルストレートの買スワップはすべてマイナスなので、マイナススワップを避けようとすると、クロス円の通貨ペアで運用するしかありません。

う~ん。リスク分散の観点からクロス円ばかりに偏るのが嫌だったので、NZD/USDでも運用していたんですが、悩ましいところです。

この週末はこの表を眺めながら、今後の運用方針を練ろうかと思います。新しい運用条件が決まればブログで報告させていただきます!

イモラ
イモラ

英ポンドに興味が湧いてきたけど、ブレグジットでどうなるかな…。

イモコ
イモコ

スワップだけで判断して、新興国通貨の割合を増やしすぎないようにしてね。

マネースクエア
\裁量トレードが苦手でもこれなら勝てる!/