慶良間諸島・阿嘉島へ家族旅行。かかった費用は?

旅行

車を買わずにカーシェアやレンタカー。スマホはもちろん格安スマホ。ふるさと納税やiDeCoもバッチリ。私の昼ご飯はイモコの愛妻弁当(笑)。

このように節約志向のまあまあ強いイモラ家が、唯一、それなりにお金を費やしていることがあります。

それは、旅行です。

もともと夫婦で旅行好きですし、子どもと一緒に旅行できるのは今しかないと思ってるので、そこだけはあまりケチらずに、毎年夏休みには1週間程度の旅行をしています。

今年の夏休みは沖縄に旅行したのですが、それを人に言うと「リッチやね~」と返されたりします。

しかし、そこはイモラ家のこと。旅行でもセコいところはセコいので、「リッチ」とか言われるとこそばゆい感じがします(笑)。

イモラ
イモラ

そういう人に限って、立派な車に乗ってたりするんだけどね…。

この記事では、ファミリーでの沖縄旅行を考えている人の参考になればと、「家族4人(大人2人+小学生2人)の6泊7日の沖縄旅行でいくら使ったのか」を公開しています。

また、飛行機代や宿泊費をどうやって抑えたかについても、最後に少しだけ触れたいと思います。

慶良間諸島・阿嘉島でシュノーケル三昧

旅行費用を公開する前に、簡単に今回の旅行の内容を書いておきます。少し自慢も入っていますが、ご容赦ください(笑)。

旅行の中身と費用を照らしてみて、「こんな感じなら意外と安く行けるんだ」とか「民宿に泊まってもこんなに高いの?!」とか、あなたなりの感想を持ってもらえればと思います。

さて、今回の旅行は、「息子たちにきれいな海でシュノーケルをさせてあげたい」と思って企画しました。

その目的をできるだけリーズナブルに達成できそうな場所を調査した結果、たどり着いたのが沖縄本島の西に浮かぶ慶良間諸島の阿嘉島(あかじま)

宮古島が第一候補だったのですが、伊丹空港から宮古島への直行便はなく、乗り継ぎとなると飛行機代が一気に高くなります。

慶良間諸島なら沖縄本島からフェリーで行けるので、飛行機代を那覇までの運賃で済ませることができます。

慶良間諸島の中では渡嘉敷島や座間味島のほうがメジャーで、観光客も多く訪れますが、「人が少ないほうがいい」ということで、あえてマイナーな阿嘉島を選びました。

これが大正解!!

夏休みに入ってハイシーズンのはずなのに、ビーチも町も人であふれかえるようなことはなく、のんびりとした島の空気を存分に堪能することができました。

シュノーケルではウミガメやクマノミと出会えたし、少し沖まで泳げば生きているサンゴもたくさん見れました。シーカヤックでケラマブルーの海を進むのも爽快感満点!

また、阿嘉島の海が素晴らしいだけでなく、宿泊した民宿『宝生』も最高でした!

新鮮な海の幸を使った食事は美味しいし、女将さんをはじめとするスタッフたちの親切なこと。特に、毎晩何らかのイベントを好意で催してくれたのは感謝しかありません。

イモコ
イモコ

1日目の星空観賞、2日目の花火、3日目の夕日鑑賞。どれもいい思い出になったわ。

中でも忘れられないのが、初日のビーチでの星空観賞。その道中はホタルがふわりふわり。海の水をバシャバシャすると夜光虫の青い輝き。そして、満点の星空に天の川と流れ星。

息子たちだけでなく、私と妻も童心に戻って楽しめた素晴らしい夏休みとなりました。

沖縄旅行の旅程

沖縄旅行の旅程はざっとこんな感じです。

イモラ家の6泊7日の沖縄旅行
  • 1日目
    伊丹空港から那覇へ

    午後便だったので初日は移動のみで那覇に宿泊。

  • 2~5日目
    阿嘉島で海遊び三昧

    2日目の午前中に那覇の泊港(とまりん)からフェリーで阿嘉島へ。阿嘉島で3泊して、シュノーケルやカヤックなどの海遊びを満喫。

  • 5~6日目
    那覇観光

    5日目の夕方に阿嘉島から那覇に戻り、那覇で2泊。国際通りや首里城など、定番の観光地を訪問。

  • 7日目
    那覇から伊丹空港へ

    午前便に乗り込んで帰宅。

那覇滞在を減らして阿嘉島の日数を増やすことも検討しましたが、「せっかくだから首里城くらい見ておこう」ということで、那覇での滞在日数も確保しました。

阿嘉島ではずっと天気にも恵まれ、さすがに遊び疲れたため、結果的にはちょうどいい旅程でした。

息子たちはまだまだ阿嘉島で遊ぶ元気もありそうでしたが…。

イモラ
イモラ

日焼けが火傷になって、もう限界…。

沖縄旅行の費用

お待たせしました!本題の旅行費用を公開します。

飛行機代(ANA)71,080円
フェリー代12,100円
その他交通費(タクシー、ゆいレールパス)5,170円
宿泊費90,374円
食費(概算)25,000円
レンタルサイクル2,000円
半日カヤックツアー24,000円
首里城入場料(ゆいレールパス割引)1,820円
お土産代(概算)15,000円
合計246,544円

大人2人+小学生2人の4人家族で6泊7日の沖縄旅行にかかった費用は約25万円でした。

25万円って大金には違いありませんが、「まあまあリーズナブルに行けたかな」と満足しています。

イモコ
イモコ

カヤックツアーは迷ったけど、思い切ってやってみてよかった~。

飛行機代や宿泊費をできるだけ抑える

今回の沖縄旅行では、飛行機代と宿泊費を抑えられたのが大きかったと思います。

飛行機はANAの早割を利用

飛行機はANAを利用しましたが、伊丹-那覇往復4人分で7万円台ってかなり安いと思いませんか?

飛行機代がこれだけ安いのは、早めに旅行の計画を立てて、ANAの『スーパーバリュー75』という早割を利用したからです。

スーパーバリュー75は、搭乗日の75日前までに予約することで大幅な割引が得られますが、座席数が限られているので、できるだけ早めに予約しておくべし。

ただし、変更不可、キャンセルに手数料がかかるなどの制約があるので、予定変更の可能性がある場合は早割の利用はやめておいたほうがいいかもしれません。

また、さらに飛行機代を抑えるために、往路は午後便、復路は午前便を選びました。

沖縄での滞在時間は短くなってしまいますが、今回の旅行はもともと旅程に余裕があったので、時間でお金を買う作戦にしたわけです。

ちなみに、ANAやJALではなく、ピーチなどのLCC(格安航空)を使えば運賃がもっと安い便は見つかります。

しかし、LCCは、荷物の追加料金を必要だったり、発着が伊丹ではなく関空だったりするので、もろもろ考えると大して安くならないんですよね。

イモラ
イモラ

うちは伊丹空港が近いからね。

リゾートホテルではなく民宿やシティホテルに宿泊

沖縄と言えば、プライベートビーチのあるリゾートホテルでの優雅な滞在をイメージする人も多いのではないでしょうか?

しかし、今回の旅行では阿嘉島では民宿、那覇ではシティホテルを利用したので、比較的安く済ませることができました。

そもそも、阿嘉島は家族経営の民宿ばかりなので、リゾートホテルという選択肢はなかったんですけどね…(苦笑)。

宝生』は、家族4人で1泊2食付きで2万円程度と良心的な価格で助かりました。阿嘉島の民宿の中でも割と安いほうでした。

上でも書いたように、ファミリー滞在でも安心して楽しめる本当に居心地のいい宿でした。

那覇では、『那覇東急REIホテル』というシティホテルに宿泊しました。

このホテルは、ゆいレールの旭橋駅のすぐ近くで交通の便は抜群でした。また、ゲストラウンジでソフトドリンクや泡盛を無料でいただけるのがありがたかったです。

熱帯魚の水槽が置かれているロビーを見て、息子たちが「高級ホテルや!!」と興奮していたのが微笑ましかったです(笑)。

アゴダをうまく利用する

那覇東急REIホテルは、新しくてきれいなホテルでしたが、家族4人で1泊1万円ちょいとかなりお得に泊まれました。

安く泊まれた理由は、アゴダ(agoda)経由で予約したからです。アゴダだと、ほかの予約サイトでは見つからない格安プランが提供されていることがよくあります。

このときも、本来定員2名のツインルームに家族4人で宿泊できるプランがあったおかげで、安く宿泊することができました。

さすがに、シングルベッド2つで4人は狭かったですが…。

イモラ
イモラ

寝ているときに子どもに蹴られまくり(苦笑)。

私は昔から海外旅行ではアゴダをよく利用していましたが、最近は国内の宿泊施設も充実しているので、ますます利用価値が高まっています。

あえて不満を言うなら、予約を進めている途中で、宿泊料金のほかに税やサービス料が別途追加されるので、最初から全部込みの価格を提示してくれれば言うことなしです。

ただ、全部込みの価格でもアゴダの宿泊料金は最安値レベルですし、口コミが充実しているので宿泊施設を選ぶ際には重宝します。

アゴダを利用したことがない人は、一度試してみる価値はあると思いますよ。

\世界中のホテルに格安で泊まれる/

以上、今回は沖縄旅行の費用を公開しつつ、旅費を抑える方法についても少し触れてみました。みなさんの参考になれば幸いです。