マネースクエアのタイアップ特典をver2に更新しました!

トラリピの決済トレールとは?そのデメリットや有効な使い方は?

トラリピの決済トレールとは?トラリピ

トラリピ大好きトラリパーのイモラです。

みなさん、トラリピの『決済トレール』って知ってますか?

一言で説明すると、「決済価格がレートに追従することで利益拡大を狙う機能」です。

これだけ聞くと、使わないと損するオトクな機能に思えますが、必ずしもいいことばかりではありません。

この記事では、決済トレールの仕組みやデメリットについて説明するとともに、我が家での決済トレールの使用実績や有効な使い方を紹介したいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

決済トレールとは?

例えば、買いトラリピで注文価格が80円、利益値幅が0.5円の場合を考えてみましょう。

決済トレールなしの通常のトラリピの場合は、80円の新規買い注文が約定した時点で、80.5円の決済売り注文が発注されます。

そして、レートが80.5円になれば決済され、500円の利益を得ることができます。

イモラ
イモラ

通常のトラリピはわかりやすいですね。

決済トレールとは?
決済トレールとは?

一方、決済トレールありの場合は、レートの上昇が続く限り、それに合わせて決済価格が上へ上へと移動します。

そして、最終的にレートが下落したときに決済され、500円よりも大きな利益を得ることができます。

イモコ
イモコ

絶対使ったほうがよさそうだけど?

イモラ
イモラ

この説明だけならそう思うよね。

決済トレールの仕組み

では、決済トレールの仕組みを詳しく見ていきましょう。

先ほど、「決済価格が上へ上へと移動する」と書きましたが、決済価格が移動するためには、「レートがトレール判定価格に達する」という条件をクリアする必要があります。

トレール判定価格は、決済価格の+0.2円(売りなら-0.2円)に設定されます。この0.2円というトレール幅は固定されており、変更することができません。

つまり、買いトラリピなら、レートが0.2円上がるごとに、決済価格も0.2円ずつ上がっていきます。

イモラ
イモラ

非対円通貨ペアのトレール幅は0.002ドルとなっています。

先ほどと同じ例で説明します。

決済トレールの仕組み
決済トレールの仕組み

決済トレールをオンにしている場合、80円で新規買い注文が約定した時点で、すぐに80.5円の決済売り注文が発注されるわけではありません。

80.5円の決済注文が発注されるためには、最初のトレール判定価格である80.7円(=80.5円+0.2円)に達する必要があります。

つまり、80.5円に達しただけでは何も起こらず、80.7円に達してはじめて80.5円の決済注文が発注されるのです。

こうして最初の決済注文が発注されたあとは、レートが0.2円上がることに決済価格は0.2円ずつ上がっていきます。

上の図は、レートが81.3円に達して決済価格が81.1円まで上がったあと、レートが下がって81.1円で決済された例を示しています。

決済トレールをオンにすることで、決済トレールがなければ500円だった利益が1,100円まで伸びたことになります。

このように、決済トレールを利用することで、レートが一方側に大きく動くトレンド発生時に利益を拡大することができるのです。

決済トレールのデメリット

決済トレールのメリットはわかりやすいですが、実際にやってみると「思ってたのとちょっと違う…」と感じる人が多いようです。

それもそのはずで、決済トレールには看過できないデメリットもあります。

決済トレールのデメリット
  • 余計に0.2円動かないと決済しない
  • 含み益が0.2円以上減ってから決済する
  • 決済注文が成行きなので滑りやすい
イモコ
イモコ

意外とデメリットが多いのね。

余計に0.2円動かないと決済しない

利益値幅を同じ0.5円で考えた場合、決済トレールなしだと0.5円動けば決済されます。

しかし、決済トレールありだと0.5円動くだけではダメで、0.7円動かないと決済されることはありません。

決済トレールは決済しにくい
決済トレールは決済しにくい

この余計に0.2円動かないと決済しないという仕組みは、「決済トレールは利確されにくい」という印象を与えがちです。

イモラ
イモラ

個人的にはトレール幅は0.1円ぐらいがいい気がします。

含み益が0.2円以上減ってから決済する

決済トレールありでは、含み益がピーク時から0.2円以上減少してから決済することになります。

決済トレールは下げてから決済
決済トレールは下げてから決済

最悪のケースは、次のトレール判定価格に達する直前に下落に転じた場合で、その場合には含み益の減少額は約0.4円にもなります。

トラリピ口座を頻繁にチェックする人が決済トレールを利用すると、決済される前に必ず含み益が一定以上減少する状況にやきもきするかもしれません。

決済注文が成行きなので滑りやすい

決済トレールでは、決済価格に達すると成行きで発注されます。このため、滑りが発生し、決済価格で約定しないことがよくあります。

利益額が増える方向に滑ることもありますが、どちらかと言うと、利益額が減る方向に滑ることが多いので、これも決済トレールのデメリットになりそうです。

決済トレールの使用実績

以上のように、決済トレールはデメリットも少なくないので、決済トレールを使うか使わないか迷う人が多いと思います。

イモラ
イモラ

私も今まで散々迷い続けてきました(笑)。

そこで、1つの参考例として、我が家で今年から試行的に行っている決済トレールの実績をお見せしたいと思います。

我が家のトラリピは、ベースとなる基本トラリピと、トッピングリピートによる追加トラップで構成されています。

基本トラリピの設定条件とトッピングリピートについては、それぞれこちらの記事に詳しく書いています。

我が家ではトッピングリピート分だけ決済トレールありで運用しているのですが、ポイントは利益金額(利益値幅)を基本トラリピの半分と小さめしていること。

イモラ
イモラ

半分というより、小さめということに意味があると考えています。

通貨ペア基本トラリピ
の利益金額
(決済トレールなし)
トッピングリピート
の利益金額
(決済トレールあり)
CAD/JPY800円400円
EUR/JPY1,000円500円
AUD/NZD6ドル3ドル

利益金額が狭めで決済トレールありのトッピングリピートによって、

  • ボラティリティが低いときでも細かく利益確保
  • トレンドが発生すれば利益を伸ばす

という、基本トラリピを補う効果が期待できると考えて始めてみました。

以下、2021年1月1日~2月11日までの実績を通貨ペアごとにまとめています。

イモラ
イモラ

GBP/JPYは140円台と高値圏で推移しているため、トッピングリピートは控えています。

CAD/JPYの決済トレールの実績

CAD/JPYの実績はこのようになりました。スワップは含めずに集計しています。

利益金額決済回数実際の
利益額平均
400円14回394円
600円10回597円
800円1回797円

半分以上の決済が利益金額400円となっていることから、ボラティリティが低くても細かく利確できており、利益金額を小さくしたことの効果はあったことがわかります。

ただし、大きな上昇トレンドがなかったので、決済トレールによる利益の伸びはあまり見られない結果となりました。

なお、実際の利益額が本来の利益金額よりも数円少なくなっているのは、不利な方向への滑りが発生しているためです。

EUR/JPYの決済トレールの実績

EUR/JPYの実績はこのようになりました。

利益金額決済回数実際の
利益金額平均
500円6回495円
700円1回693円
900円2回897円
1,100円1回1,093円

EUR/JPYについても、利益金額を小さくしたことの効果はあったものの、決済トレールによる利益拡大効果は微妙な結果となりました。

AUD/NZDの決済トレールの実績

決済トレールの効き目が素晴らしかったのがAUD/NZD。

利益金額決済回数実際の
利益額平均
3ドル8回3.13ドル
5ドル10回4.97ドル
7ドル7回7.00ドル
9ドル4回9.36ドル
11ドル4回11.36ドル
13ドル3回13.60ドル
15ドル1回15.56ドル

基本トラリピの利益金額である6ドルを超えたものが半数以上あり、決済トレールのおかげで大きく利益を伸ばす結果となりました。

また、AUD/NZDでは決済時の成行注文が有利側に滑ることが多く、実際の利益額が利益金額よりも多くなることが多かったです。

イモラ
イモラ

理由は謎です。

決済トレールの有効な使い方

決済トレールはデメリットもありますし、人によって好みが分かれると思うので、万人にはオススメしません。

実際、上記実績を見る限り、CAD/JPYとEUR/JPYについては、決済トレールをONにしてよかったのかどうかは微妙な感じがします。

なので、私もすべてのトラリピをいきなり決済トレールありにすることにはいささかの抵抗があります。

しかし、

利益金額広めの決済トレールなし+利益金額狭めの決済トレールあり

の組み合わせはかなりうまく機能してくれると感じています。

利益金額狭めの決済トレールが、

  • ボラティリティが低いときは細かく利益確保してくれる
  • トレンドが発生すれば利益を伸ばしてくれる

という2つの働きをしてくれることで、利確がいい具合に分散されてコンスタントにチャリンチャリンを楽しめます。

決済トレールが気になっている人は、一度上記のような組み合わせで試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、トライオートFXマネーパートナーズでもトラリピ運用は可能ですが、決済トレール機能があるのはマネースクエアだけとなってますのでご注意ください。

以上、決済トレールで悩んでいるみなさんの参考になれば幸いです。

イモラ
イモラ

我が家では決済トレールを引き続き利用します!

\トラリピ初心者を強力にサポート!/
マネースクエア