トラリピのトッピングリピートで知っておきたい注意点

トラリピ

マネースクエアのトラリピで家計のお金を運用しているイモラです。

イモラ家では2019年8月にトラリピをスタートし、その後は毎月『トッピングリピート』を行っています。

今まではトッピングリピートのメリットばかりに目が行ってましたが、コロナショックを受けてトッピングリピートを続ける上での注意点も見えてきました。

今回の記事では、トッピングリピートの注意点についてお話します。

トッピングリピートとは?

『トッピングリピート』とは、トラリピ開始時に設定した基本トラリピに加えて、定期的にトラップを現在レートの近くに追加していく運用手法です。

トッピングリピートのイメージ図
トッピングリピートのイメージ図

我が家では毎月10万円(以前は5万円)の積立金と前月の利益を使ってトッピングリピートを行っています。

トッピングリピートの詳細については、こちらの記事をどうぞ。

トッピングリピートには、次のようなメリットがあります。

トッピングリピートのメリット
  • トラリピの運用資金を少しずつ増やしていける
  • 現在レートの近くにトラップを追加することで利回りが向上する
  • 利益を再投資することで複利の効果が得られる

2番目の利回り向上の効果については、こちらの記事で詳しく検証しました。

一度に多額の資金を用意できなくても、少しずつトラップを増やしながら『お金のなる木』を育てていくのは、トッピングリピートならではの楽しさです。

イモラ
イモラ

トッピングリピートのひと手間が楽しい!

ロスカットレートまで耐えるのはメンタル的に無理!

トッピングリピートの話から少し逸れますが、コロナショックの恐怖を少し回想したいと思います(笑)。

我が家のトラリピ運用では、リーマンショック以降の最安値がロスカットレートとなるように資金管理をしています。

例えば豪ドルなら、リーマンショックが起きた2008年の最安値55円をロスカットレートとして設定し、それに必要な運用資金を求めています。

「『100年に一度』と言われるリーマンショック時の最安値でリスク管理しておけば、しばらくは安心だろう」

そう思っていました。

しかし、コロナショックで豪ドルは暴落。

2月末に74円台だったレートは、3月19日に一時60円を割り込む水準に。

「いつリーマンショックの55円を下回ってもおかしくない」

そういう心境に追い込まれました。

コロナショックでの豪ドルチャート
コロナショックでの豪ドルチャート

チャートを振り返ってみると、3月19日に大きな下ひげを付けており、結果的には55円をロスカットレートに設定していた当初の運用資金で耐えることはできました。

だけど、3月19日のそのときには、そんなことわかりませんからね。

追加資金を投入してロスカットレートを45円まで下げていたので、この状況を乗り越えられましたが、そうでなかったら耐えられずに損切りしていたと思います。

この経験で思い知ったのは、ロスカットレートまで余裕があったとしても、

自分のメンタルを考慮すると、ロスカットレートまで耐えられるわけではない!

ということです。

トラリピでは余裕資金が大事

もちろん、損切りするというのも1つの手です。

実際、私もコロナショックでは、トラリピ以外の運用では一部損切りを実行しました。

しかし、数百円の利益を積み重ねるトラリピでは、大きな損切りをしてしまうとリカバーするのが大変です。

極力損切りをしないで済むように、

トラリピでは追加投入できる余裕資金を確保しておくことが重要!

と実感した次第です。

イモコ
イモコ

余裕資金ってどれくらい必要なの?

イモラ
イモラ

そこが難しいところだけど、うちでは運用資金の半分程度は確保しておくつもり。

そして、余裕資金の確保という点でネックになりかねないのがトッピングリピートです。

トッピングリピートによって積立金を毎月投入するとともに、利益を余すことなく再投資することで、運用資金は雪だるま式に増えていきます。

運用資金を増やすことで、利益を増やして、資産を大きく増やすのが目的なので、相場が平穏なときにはまったく問題ありません。

しかし、〇〇ショック時には、トッピングリピートで運用資金が増えている分、含み損も大きくなり、さらには安心料として必要な余裕資金も増えることになります。

このことに気を払わずにトッピングリピートをひたすら続けていると、〇〇ショックでどうなるか?

おそらく、安心料としての余裕資金が足りなくなり、実際にロスカットになる前に、メンタルが持たずに損切りしてしまうことになるでしょう。

今後は、

トッピングリピートの額は、確保できる余裕資金を見ながら調整する

ことに気を付けたいと思います。

イモコ
イモコ

トッピングリピートはやめたほうがいいってこと?

イモラ
イモラ

トッピングリピートを否定するつもりはまったくないよ。

トッピングリピートはこれからも続けます!

以上、トッピングリピートの注意点に焦点を当ててきましたが、トッピングリピートに多くのメリットがあるのは最初に言ったとおり。

我が家のトラリピの運用資金(元本+累計利益)は現在300万円弱ですが、これが500万円に達するまではトッピングリピートは続けるつもりです。

イモラ
イモラ

1年後ぐらいに500万円になっていればいいペースです。

500万円に達したら、そのときの家計の状況などを見て、

  • トッピングリピートを継続する
  • トッピングリピートを縮小する
  • トッピングリピートをやめる

のどれにするかを決めたいと思います。

ただ、我が家のトラリピ運用でもっと優先度が高いのは、通貨ペアの見直しです。

現在、豪ドル/円、カナダドル/円、ポンド/円、メキシコペソ/円の4つの通貨ペアで運用しています。

すべてクロス円の通貨ペアのため、〇〇ショックで円高傾向が強まると、すべての通貨ペアで含み損が増えてしまいます。

ここを改善して、〇〇ショックが起きても含み損を抑えられるようにすれば、そもそも確保しておくべき余裕資金も少なくて済みます。

今持っているポジションが片付けば、まずは通貨ペアの見直しを行うつもりです。

以上、みなさんの運用の参考になれば幸いです。

イモラ
イモラ

いつ今のポジションが片付くか、それが問題だ…。

\ミドルリスク・ミドルリターンのFX/

マネースクエア