トラリピの資金管理方法を変更!ロスカットレートから運用資金を試算できるようにしました

トラリピ

イモラ家では、2019年8月からマネースクエアのトラリピで家計のお金を運用しています。

初期資金として200万円を投入し、基本トラリピをこのような設定条件としています。

また、複利の力を利用して資産を雪だるま式に増やしていくため、毎月トッピングリピートを行っています。

『トッピングリピート』については上の記事で詳しく書いていますが、簡単に言うと、前月の確定利益と毎月の積立金を使ってトラップを追加していくというものです。

イモラ
イモラ

今月から積立金を5万円から10万円に増やしました!

トッピングリピートの際には、「現在レートの近くにトラップを追加する」という一工夫を加えることで利回りの向上も狙っています。

トッピングリピートによる利回り向上については、下の記事でその効果を検証しています。

今まで基本トラリピやトッピングリピートの必要資金を求める際には、マネースクエアから提供されている『トラリピ運用試算表』というツールを使っていました。

しかし、今月からトラリピにおける資金管理を『トラリピ運用試算表』ではなく、自作のエクセルファイルで管理することにしました。

この記事では、トラリピの資金管理方法をどのように変えたのかと、2020年3月のトッピングリピートについて報告したいと思います。

イモラ
イモラ

コロナショックに負けずに淡々とトラリピは続けます!

トラリピ運用試算表での資金管理をやめた理由

我が家のトラリピ運用では、先に想定ロスカットレートを決めて、それを実現するために必要な運用資金を求めています。

ところが、トラリピ運用試算表は「運用資金入力⇒ロスカットレート出力」という仕様なので、私がやろうとしていることとは入力と出力が逆だったんですよね。

このため、下の記事で書いているように、運用資金を何度か入力しなおして、想定ロスカットレートを実現できる運用資金を探り当てるということをしていました。

これと同じことを毎月のトッピングリピートのたびにやるとなると、トラップ本数も多いためかなり面倒になってきました。

また、トッピングリピートでは運用資金を1千円単位で計算していたので、数百円の端数がチリツモ状態となっていたので、これを有効活用したいと思っていました。

イモコ
イモコ

いじましい…。

そこで、「ロスカットレート入力⇒運用資金出力」という計算が可能なエクセルを自分で作り、正確な運用資金を簡単に計算できるようにしました。

イモラ
イモラ

トライオートFXで使っている管理表と同じようなものです。

実はこの記事の最初にお見せした基本トラリピの設定条件の運用資金も、このエクセルで計算しなおした額に更新しています。

今回、正確に必要資金を計算しなおすことで、新たに約5万円の資金を捻出できました!

イモコ
イモコ

それはすごい!

ロスカットレートから運用資金がわかるトラリピ管理表

2020年3月のトラリピ管理表を参考までにお見せするとこんな感じです。

文字が小さくて見るのがキツイと思いますがご容赦ください。

各レートの右横に記載の『必要資金』が、そのポジションを想定ロスカットレートまで持ち耐えるのに必要な資金です。

必要資金の算出式

必要資金=必要証拠金+ロスカットレートでの評価損額

例えば、豪ドル/円(ロスカットレート55円)の78円のポジションの必要資金は、

  • 必要証拠金:55円×1,000通貨÷25(レバレッジ)=2,200円
  • ロスカットレートでの評価損額:(78円-55円)×1,000通貨=23,000円
  • 必要資金:2,200円+23,000円=25,200円

となります。

イモラ
イモラ

トラリピ運用試算表で検算もしたので間違いないと思います。

必要資金をロスカットレートを変数とする数式で入れておけば、ロスカットレートに応じて一瞬で必要資金がわかるというわけです。

『1』という数字が入っているところがトラップを仕掛けているレートで、『1』が入力されているところの必要資金の合計額が一番下に算出されています。

3月の運用資金はこれまでの元本2,400,000円と確定利益173,065円の合計2,573,065円だったので、合計額がこれに収まるように調整しました。

今回は、

  • 資金管理方法の変更
  • MXN/JPYのロスカットレート変更
  • レンジ下抜け対策
  • 2020年3月のトッピングリピート

を同時に行ったので、自分にしかわからない代物になっていると思います(苦笑)。

管理表の雰囲気だけつかんでもらえれば幸いです。

イモラ
イモラ

追加トラップの検討が劇的に楽になりました!

現状、まだコロナショックが収束するめどはたっていませんが、レートも割安で値動きも大きいので、トラリピを始めるなら今が絶好の時期かもしれませんよ!

マネースクエア
\コロナショックでも淡々と稼いでくれる/