トラリピで再投資+積立投資。『トッピングリピート』で賢くお金を増やす!

トラリピ

マネースクエアのトラリピは、FXのリピート系自動売買の一種で、きちんと設定さえ行えば、チャリンチャリンとお金をコンスタントに稼いでくれる働き者です。

しかし、利益を溜め込んでおくだけだと、その利益が働いてくれることはありません。もっと効率的にお金を増やしたいなら、その利益を再投資して複利で運用しない手はありません。

さらに、再投資に加えて毎月一定額の積立投資を行えば、無理なく着実に運用資産を増やしていくことができます。

イモラ家のトラリピでも、再投資と毎月5万円の積立投資を行うことで、運用資産を雪だるま式に増やしていきたいと考えています。

この記事では、トラリピで再投資や積立投資を行うための『トッピングリピート』という手法を紹介したいと思います。

複利の力を利用しよう!

イモラ家では、2019年8月から200万円の元本でトラリピ運用を始めましたが、次の3ケースで20年後に運用資産がどうなるかを試算してみました。税金は考慮していません。

試算条件の3ケース
  • ケース1:年利10%で単利運用
  • ケース2:年利10%で複利運用
  • ケース3:毎月5万円を積立てながら年利10%で複利運用

すると、20年後の運用資産は次のようになりました。

20年後の運用資産
  • ケース1:元本200万円 → 600万円
  • ケース2:元本200万円 → 1,466万円
  • ケース3:元本1,400万円(積立分が1,200万円) → 5,257万円
イモラ
イモラ

ケース3ならセミリタイアも夢じゃないぞ!

イモコ
イモコ

20年後には60歳過ぎてるから、ただのリタイアね(笑)。

20年間の運用資産の推移を示したグラフにも注目してください!

単利運用だと資産が一定のペースでしか増えていきませんが、複利運用すると時間の経過とともに資産の増え方が加速しているのがわかるかと思います。

これが複利の力です。

積立投資も併せて行うことで、複利の力が早いうちから発揮されることも、このグラフから読み取れます。

せっかくトラリピをやるなら、少なくとも利益は引き出さずに再投資して複利運用をしたいところ。できれば、毎月の積立投資も行いませんか?

『トッピングリピート』とは?

実は、トラリピで再投資と積立投資を取り入れるというアイデアは、私が自分で考え出したものではなく、トラリピで2,000万円以上を運用しているあっきんさんから学んだものです。

あっきんさんは、この手法のことを『トッピングリピート』と名付け、ご自身の運用でも実践されています。「Topping(追加)」と「Repeat(繰り返す)」の造語だそうです。

なお、当ブログで『トッピングリピート』という言葉を使わせてもらうことについては、あっきんさんに快諾していただきました。

イモラ
イモラ

あっきんさん、ありがとうございます!

さて、トッピングリピートのイメージですが、こんな感じになります。

トッピングリピートのイメージ

トッピングリピートは、トラリピ開始時に設定した基本トラリピに加えて、定期的に追加トラップを足していく手法です。

追加トラップを現在値の近くに仕掛ければ、追加トラップに引っ掛かりやすくなるという効果が期待できます。

追加トラップは基本トラリピのトラップと同じところに追加しても構わないのですが、私は基本トラリピの間に追加していき、最終的にはトラップ密度を倍にすることを目指しています。

トッピングリピートの設定方法

では、2019年9月に我が家で実行したトッピングリピートを例にして、追加トラップの具体的な設定方法について説明したいと思います。

トッピングリピートの運用資金は?

まず、トッピングリピートで使える運用資金を把握しておきます。

8月のトラリピの利益が18,548円だったので、積立投資分の50,000円を合わせると、9月のトッピングリピート用の資金は68,548円ということになります。

トッピングリピートを行う通貨ペアは?

次に、どの通貨ペアのトッピングリピートを行うかを決めます。

我が家ではCAD/JPY、AUD/JPY、NZD/USD、MXN/JPYの4つの通貨ペアを運用しています。

このうち、唯一のドルストレートであるNZD/USDは、もともとトラップ密度を高めにしているので、しばらくトラップを追加する気はありません。

残り3つの通貨ペアについては、トラリピとの相性がよいCAD/JPYを最優先、次にAUD/JPYのトラップを優先的に追加していくことにしました。

イモラ
イモラ

メキシコペソはもう少し様子見したいしね…。

以下では、CAD/JPYのトッピングリピートについて説明しますが、どの通貨ペアであろうと、やり方は同じなのでご心配なく!

追加トラップのレートは?

次に、追加トラップのレートをいくらにするかを考えます。

9月分のトッピングリピートを検討していた8月末時点で、CAD/JPYのレートは79.9円でした。

基本トラリピのトラップがすでに79.6円、80円、80.4円にあるので、79.9円を挟むように79.8円と80.2円に新たに追加トラップを仕掛けることにしました。

私は見た目のきれいさを求めて、基本トラリピの中間値に追加トラップを仕掛けることにしていますが、中間値にこだわる必要はありませんよ。

追加トラップを仕掛けるレート

追加トラップに必要な運用資金は?

次に、追加トラップを仕掛けるのに必要な運用資金をロスカットレートに基づいて求めます。

我が家のCAD/JPYのトラリピでは、こちらの記事に書いたように、ロスカットレートをリーマンショック後の最安値である68円とすることに決めています。

追加トラップを79.8円に仕掛ける場合に、ロスカットレートを68円以下とするのに必要な運用資金を、『トラリピ運用試算表』から求めてみたいと思います。

トラリピ運用試算表は、ログイン後のトップ画面の下のボタンから開きます。また、トレード画面のメニューにもトラリピ運用試算表へのリンクがあります。

トラリピ運用試算表を開いたら、とりあえず運用資金は適当な額とし、ロスカットレートがいくらになるかを試算します。

下のキャプチャのように運用資金を仮に10,000円とすると、ロスカットレートが72.7円となりました。

トラリピ運用試算表の条件入力画面
トラリピ運用試算表の試算結果画面

ロスカットレートが68円以下となるように、運用資金を10,000円から徐々に増やしながら試算を繰り返します。

すると、運用資金が15,000円のときに、ロスカットレートが67.5円とはじめて68円を下回りました。みなさんも試してみてください。

このことから、CAD/JPYで79.8円にトラップを追加する場合、ロスカットレートを68円以下にしようとすると、15,000円の運用資金が必要であることがわかりました。

2019年9月のトッピングリピート

以上の試算を各追加トラップに関して実行し、必要な運用資金の合計が68,548円以内に収まるように調整します。

その結果、2019年9月のトッピングリピートでは、下の表に示す4本の追加トラップを仕掛けることにしました。

トッピングリピート用の資金が68,548円だったところ、運用資金の合計は68,000円となりましたので、いい塩梅です。

今回の余剰金は548円とわずかですが、余った資金は繰り越して、翌月のトッピングリピート用の運用資金に足していくことにします。

イモコ
イモコ

毎月これをやるのって大変そう…。

イモラ
イモラ

慣れれば簡単だし、このひと手間が結構楽しいんだ(笑)。

トッピングリピートをアレンジしよう!

以上、トッピングリピートの設定方法について説明してきましたが、トッピングリピートの設定方法にはいろんなアレンジが考えられます。

例えば、あっきんさんがブログで紹介されているCAD/JPYのトッピングリピートは、「毎月2万円でトラップを1本追加する」というものです。

これだといちいち細かい試算をする必要がなく、シンプルでわかりやすいので、「ややこしいのはイヤだ!」という人には向いていると思います。

ただ、20,000円で1本だと、上のように実際に15,000円の資金で済むような場合には、積立資金の一部が遊んでしまうことになります。

私は複利効果を最大限引き出すために、1本でも多くトラップを増やしたいので、1本1本の追加トラップに対して必要な運用資金をきっちり試算しているというわけです。

イモコ
イモコ

O型らしからぬ几帳面ぶりをここでも発揮しているわね(笑)。

イモラ
イモラ

へへ。

以上、トッピングリピートについて説明してきましたが、いかがでしたか?

トッピングリピートはひと手間かかりますが、トラリピで複利の力を利用したい人はぜひチャレンジしてみてください。

手間をかけることでトラリピの理解も深まりますし、自分の設定にも愛着が湧いてきますよ。

今後は、月次運用報告で一緒にトッピングリピートの設定についても公開していく予定ですので、よかったら参考にしてください。

マネースクエア
\FX自動売買を始めるならトラリピ/