トラリピで失敗しないための3つの心構えとは?

トラリピ
イモラ
イモラ

こんにちは!FXの裁量トレードで負け続けてきたイモラです。

イモコ
イモコ

(戻るボタンを押されそうな自己紹介…)

以前やっていた裁量トレードでは、欲や焦りに流されて浅い利確や下手な損切りを繰り返してしまいがちでした。

しかし、リピート系自動売買の1つであるトラリピに出会ってからは、淡々と利益を積み重ねることができています。

今ではマネースクエアトライオートFXで合わせて500万円以上のお金をトラリピで運用しています。

トラリピは、私と同じように裁量トレードで痛い目に遭った人にオススメしたい運用手法ですが、失敗しないためには次のような心構えが大切だと考えています。

トラリピの心構え
  • 含み損に耐える覚悟をする!
  • ロスカットレートを把握しておく!
  • 年利10%で満足する!

トラリピを始めてから「こんなはずじゃなかった!」とならないように、これら3つの心構えについてお話したいと思います。

「トラリピってそもそも何?」という人は、下の記事を参考にしてください。

トラリピでは含み損に耐える覚悟をする!

まず、簡単にトラリピのおさらいをしておきましょう。

トラリピでは、運用レンジ内に複数のトラップ(新規と決済のセット注文)を仕掛けます。

トラリピのイメージ図

例えば買いトラリピの場合、レート下落時はポジションが増えるとともに含み損が増えていき、レート上昇時にはポジションが決済され利益が確定されていきます。

つまり、トラリピでは、レートが上下する過程で「含み損増加利確含み損増加利確」を繰り返しながら利益を積み上げていくことになります。

含み損が大きくなるのがイヤだからと損切りをしてしまうと、その損失を穴埋めするのに何十回もの利確が必要となります。

このため、トラリピでは損切りを行わずに、含み損が利益に転じるまでひたすら耐え続ける覚悟が必要です。

含み損を忌み嫌わずに、「含み損は将来の利益の種まき」とポジティブにとらえる心構えが大事です。

イモコ
イモコ

でも、コロナショックで含み損にビビってなかった?

イモラ
イモラ

まだ修業が足りませぬ。

イモラ家では2019年8月から家計のお金をトラリピで運用しています。

今回のコロナショックでは、運用資金240万円に対して含み損が一時期150万円まで膨らみました。3月末の時点でも100万円の含み損が残っています。

イモラ家のトラリピの実績

さすがに、暴落真っ最中のときは「含み損は将来の利益の種まき♪」という余裕はなくなり、追加資金を投入して精神的安定を保っていました。

そのうち含み損が利益に変わるはずなので、含み損にはひたすら耐える覚悟です。

トラリピではロスカットレートを把握しておく!

資産運用においてリスク管理が重要なのは、トラリピに限った話ではありませんが、トラリピでは特に重要です。

というのも、トラリピでは含み損が利益に転じるまでひたすら耐えることになるので、どこまで耐えられるのかをしっかり把握しておく必要があるからです。

イモコ
イモコ

リスク管理って具体的に何をすればいいの?

イモラ
イモラ

ロスカットレートを把握しておくことが大切だよ。

トラリピのリスク管理とは、「ロスカットレートを把握しておく」ということにほかなりません。

ロスカットレートがいくらになるかというのは、マネースクエアの『トラリピ運用試算表』を使えば簡単に求めることができます。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

「ロスカットレートではなく、証拠金維持率を監視しておけばいいのでは?」という意見もあるかもしれません。

しかし、証拠金維持率でリスク管理をしていると、あとどのくらいでロスカットになるのかがわかりづらいのでオススメしません。

この点、ロスカットレートでリスク管理をしていると、ロスカットまでの余地が明確にわかるので、冷静に次の手を検討することができます。

私は、コロナショックで暴落した3月には、「ロスカットレートを〇円まで下げる」という目安を立てながら追加資金の投入を行っていました。

もし、目まぐるしく変化する証拠金維持率でリスク管理をしていたら、まともな策が立てられていなかったと思います。

トラリピでは年利10%で満足する!

トラリピをやっていると、相場のボラティリティが低くなり、利益が思ったほど出ないというときもあります。

ボラが低いときに高い利回りを追求しだすと、ロスカットレートを甘めに見積もってトラップ本数を増やすことになりがちです。

そして利益が増えると気分がよくなり、「もう少しトラップを増やしてみるか」と、どんどん規律が乱れていきます。

そうなると、いつかやってくる〇〇ショックでロスカットになる可能性大です。

トラリピで失敗しないためには、相場の平穏時に欲を抑えることが大事です!

イモコ
イモコ

自分に言い聞かせてる?

イモラ
イモラ

バレたか。

経験的には、年利10%程度で満足するようにしておけば、リスクの取りすぎは回避できるのではないかと思います。

参考までに、我が家のトラリピの運用利回りのグラフを載せておきます。ロスカットレートがリーマンショック後の最安値となるようにリスク管理をしています。

トラリピの運用利回り

2019年は歴史的にボラの低い年でしたが、それでも年利換算で利回り10%は確保できました。

このことから、年利10%程度を目標利回りとしておけば、ボラの低いときでも目標達成のために大きなリスクを冒すようなことはなくなると考えられます。

ちなみに、11月に利回りがマイナスとなっているのは、NZD/USDの損切りを行ったためです。

イモコ
イモコ

損切りはしないほうがいいんじゃなかった?

イモラ
イモラ

基本的にはそうなんだけど、このときはマイナススワップに嫌気がさしたから、思い切って損切りしたんだ。

トラリピをできるのはマネースクエアだけ?

ところで、トラリピってマネースクエアでしかできないと思っている人も多いのではないでしょうか?

実はトラリピと同じ自動売買はトライオートFXでも可能です。トライオートFXでトラリピを再現する方法はこちらの記事に詳しく書いています。

トラリピ専門のマネースクエアと比べると、トライオートFXでは設定の仕方に少しクセがあるので慣れが必要ですが、通貨ペアが豊富なのが魅力です。

まずは、マネースクエアでトラリピを始めてみることをオススメします。先ほど紹介した『トラリピ運用試算表』は必須ツールですしね。

トラリピに慣れてきて、いろんな通貨ペアを運用したくなれば、トライオートFXにチャレンジしてみたらといいと思います。

さらに慣れてきたら、トラリピを手動で行うことも可能です。手動トラリピなら、スワップや手数料などの条件のいいFX会社を自由に選べるようになります。

手動トラリピをやっている人の間では、みんなのFXLIGHT FXFXプライムbyGMOセントラル短資FXなどが人気があるようです。

今回の記事は、コロナショックを経験し、私自身が改めて自分に言い聞かせたいことをまとめた記事でもあります。

最後にもう一度、トラリピで失敗しないための3つの心構えです。

トラリピの心構え
  • 含み損に耐える覚悟をする!
  • ロスカットレートを把握しておく!
  • 年利10%で満足する!

以上、これからトラリピを始める人の参考になれば幸いです。

\裁量トレードが苦手でもこれなら勝てる!/
マネースクエア