【2019年10月】トラリピ運用報告と11月のトッピングリピート

トラリピ

イモラ家では、マネースクエアのトラリピで家計のお金を運用しています。

2019年8月に初期資金として200万円を投入し、こちらの記事で公開している設定で運用を開始しました。

その後は、複利の力を利用して資産を雪だるま式に増やしていくため、毎月トッピングリピートを行っています。

『トッピングリピート』については下の記事で詳しく書いていますが、簡単に言うと、確定利益を使ってトラップを追加することで複利運用を図るというものです。

この記事では、2019年10月のトラリピ運用実績と11月のトッピングリピートを公開したいと思います。

イモラ
イモラ

今回でようやく3回目の実績報告。

2019年10月のトラリピ運用実績

2019年10月のトラリピ運用実績はこのようになりました。

2019年10月のトラリピ運用実績
  • 元本:2,100,000円
  • 確定利益:35,496円
  • 年利:20.3%

10月の確定利益の合計は35,496円で、年利は20.3%と目標の10%を大幅に超える好調ぶりでした!

不労所得が着々と増えていく感じが楽しくて仕方がありません(笑)。

今月は多くのポジションが決済され、含み損が減ったおかげで、はじめて『累計利益+評価損益』でプラスに転じました。

トラリピは「含み損→利益→含み損→利益」を繰り返すことで利益を積み重ねる中長期向けの運用手法なので、目先の含み損に神経質にならずにのんびり構えておけばいいだけ。

また、トラリピのリスク管理においては、「ロスカットレートまであとどれくらいか」に注意しておけばよく、含み損をそれほど気にする必要はありません。

それでも、やっぱり含み損は多いよりも少ないほうがうれしいのが人情ですよね(笑)。

イモコ
イモコ

私もうれしい。っていうか、ほっと一安心。

今の状況は素直に喜んでおきますが、トラリピで運用している限り、含み損が大きく増えるフェーズが必ずやってくることも忘れずにいたいと思います。

次に、通貨ペアごとの実績です。

最初に書いた年利(20.3%)とこの表の年利(19.9%)が異なっています。

その理由は、最初の年利は元本(2,100,000円)を分母にして計算したのに対し、表の年利はトッピングリピートで再投資した利益を含む運用資金(2,138,000円)を分母にしているためです。

元本を分母にしたほうがわかりやすいと思いますが、実質的な利回りを見るなら運用資金を分母にするのが適当ではないかと考え、両方掲載しています。

MXN/JPYが1万円を超える利益をたたき出してくれました!なんと、年利40%超え!!

これまでスワップを貯め込んでいたポジションたちが一気に決済されたので、決済益とともに多額のスワップが確定されたためです。

ビバ!メキシコペソ!!

これまでの通貨ペアごとの累計利益と年利はこのようになります。

CAD/JPYとAUD/JPYは安定感がありますね。

MXN/JPYは新興国通貨らしく、元気いっぱいです(笑)。でも、落ちるときは思いっきり落ちそうなので要注意。

NZD/USDは資金を多めにしてトラップを密に仕掛けている割には、ほかの通貨ペアに見劣りする状況が続いています。

NZD/USDは現在買いレンジですが、NZD/USDの買いはマイナススワップなので、あまりマイナススワップを貯め込まずにさっさと決済されてほしいです。

イモコ
イモコ

メキシコペソって最初は不安だったけど、いい働きしてくれてるわね。

2019年11月のトッピングリピート

我が家のトラリピ運用では、毎月5万円を追加しながら、前月の利益と追加分の5万円でトラップを追加していく『トッピングリピート』を毎月行っています。

11月のトッピングリピートに使える資金は、積立分が50,000円、10月の確定利益が35,496円、繰越金が2,700円で、合計で88,196円でした。

この予算内で追加したトラップは次のとおり。運用資金の合計は87,000円となったので、差額の1,196円は来月に繰り越します。

追加トラップは、

  • できるだけ現在値に近いところ
  • 基本トラップの中間

に設けるようにしています。

また、年度末の役所みたいに(笑)、できるだけ予算を使い切ることも心がけています。

イモラ
イモラ

今回はMXN/JPYを多めにしました。

追加トラップがだいぶ増えてきたので、今後、さらに密度を高くするのか、はたまた、新しい通貨ペアの運用を始めるか思案中です。

さあ、月1回のメンテナンスが終わったので、あとはトラリピにしっかり働いてもらうだけです。

以上、トラリピ運用実績とトッピングリピートの報告でした。

マネースクエア
\コロナショックでも淡々と稼いでくれる/