【2020年10月末時点】イモラ家のトラリピ運用実績と最新の運用条件

【毎月更新】トラリピ運用実績。最新の運用条件も公開!トラリピ

2019年8月からマネースクエア のトラリピで家計のお金を運用しているトラリピ大好きトラリパーのイモラです。

この記事では、イモラ家のトラリピの最新の運用条件とこれまでの運用実績を毎月更新しています。

イモラ
イモラ

現在は2020年10月末時点の情報を掲載しています。

「そもそもトラリピって何?」という人は、先にこちらの記事をどうぞ。

また、イモラ家のトラリピ運用履歴については、こちらの記事にまとめています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

トラリピの最新の運用条件

我が家のトラリピで現在運用している通貨ペアは以下の5つ。

我が家の運用通貨ペア
  • CAD/JPY(カナダドル/円)の買い
  • GBP/JPY(ポンド/円)の買い
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円)の買い
  • EUR/JPY(ユーロ/円)の売り
  • AUD/NZD(豪ドル/NZドル)の買い/売り

無理せずに着実に資産を増やすことを目指して、次のような運用方針を掲げています。

トラリピの運用方針
  • 目標利回りは月利1%(複利運用で年利12.7%)
  • ロスカットレートがリーマンショック以降の最安値(最高値)となるように資金管理(AUD/NZDの売りは例外)
  • 毎月トッピングリピートを実施

『トッピングリピート』とは、毎月の積立金(現在10万円)と前月の利益を使って、現在値付近に追加トラップを仕掛ける運用手法です。

ベースとなる基本トラリピに加え、毎月トッピングリピートで追加トラップを仕掛けることによって、徐々にトラップを充実させていこうという算段です。

基本トラリピの運用条件は下の表に示すとおり。

基本トラリピの運用条件

追加トラップについては省略しますが、それぞれの通貨ペアでトラップ密度をほぼ倍にできる程度に増えています。

イモラ
イモラ

トッピングリピートを行えば、トラリピでも複利を活かした積立的な運用ができますよ!

2020年10月のトラリピ運用実績

2020年10月のトラリピ運用実績はこのようになりました。

2020年10月のトラリピ運用実績
  • 元本:3,500,000円
  • 確定利益:79,206円
  • 利回り:月利1.8%(複利運用で年利24.2%)
  • 累計利益:745,518円
  • 評価損益:-573,487円
  • 累計利益+評価損益:172,031円

2020年10月のトラリピ運用実績
2020年10月のトラリピ運用実績

目標利回りの月利1%を大きく超え、月利1.8%と好調でした!

なお、全通貨ペアでの利回りが各通貨ペアの利回りよりも大きくなっているのは、実際にはEUR/JPYを資金ゼロで運用しているからです。

ユーロ円の資金ゼロ運用に興味のある人はこちらの記事をどうぞ!

メキシコペソが決済回数22回で利益214円しかないのは、メキシコペソを手仕舞いすべく利益額と同じだけ高値のポジションを損切りしているからです。

イモラ
イモラ

なかなかペソが5円を力強く突破しないので、少し作戦を変えました。

10月の後半にはヨーロッパでのコロナ第二波や米国の大統領選を控えて、リスクオフの様相が強まってきました。

そんな中で、EUR/JPYの売りが円高時のリスクヘッジとしてしっかり機能してくれ、含み損を減らしながら利益を伸ばしてくれたので、大いに助かりました。

また、9月に運用を始めたAUD/NZDもかなりポジションが増えてきたので、今後の決済が楽しみです。

これまでのトラリピ運用実績

トラリピの運用開始時からの実績は以下のようになっています。

累計利益と評価損益

コロナショック以降は順調に回復を見せています。

累計利益と評価損益
累計利益と評価損益

先月は『累計利益+評価損益』がほぼゼロになりましたが、今月は再びプラス圏に反発。今後もプラスを維持してほしいところです。

通貨ペアごとの累計利益はこのようになっています。

通貨ペアごとの累計利益
通貨ペアごとの累計利益

資金ゼロで運用しているEUR/JPYの利益がグングン伸びてきています!

手仕舞い作戦を実行中のメキシコペソも、これまで十分に貢献してきてくれたので、最後は損を出さずに終わりたいところです。

利回り

次に通貨ペアごとの利回りです。

利回り(月利)
利回り(月利)

手仕舞い作戦実行中のメキシコペソを除いて、今月はすべての通貨ペアが月利1%を超えました。

月前半は円安傾向、月後半は円高傾向という中で、すべての通貨ペアが満遍なくよく働いてくれました。

評価損益率

最後に、含み損の割合を見るための『評価損益率』です。

『評価損益率=評価損益÷運用資金×100』で計算しており、運用資金に対して評価損益(基本的に含み損)がどのぐらいの割合かを示す指標となっています。

評価損益率
評価損益率

トラリピでの安定運用を考えると、評価損益率のマイナスを抑えることが重要です。

メキシコペソはトラリピ向きではないのは一目瞭然なので、メキシコペソの手仕舞いができれば、我が家のトラリピはより安定するのではないかと期待しています。

今後はCAD/JPYに資金を集中させていき、CAD/JPY買いとEUR/JPY売りの『異通貨ペアの両建て』をメインに据えていきたいと思っています。

ただ、GBP/JPY特有の爆発力は個人的に気に入っていて、クロス円買いはCAD/JPYとGBP/JPYの二本立てでも悪くないかなと最近考えています。

あと、先月から始めたトラリピ最強通貨ペアと言われるAUD/NZDがどんな最強ぶりを見せてくれるのかが今後の楽しみです。

トラリピによる本格運用も1年を超えて、毎月5万円以上の利益を安定的に生み出してくれるようになってきました。

イモコ
イモコ

月5万の副収入はありがたいわね。

イモラ
イモラ

『お金のなる木』がしっかり成長している証だね。

このような安定運用ができているのは、トラリピで重要な資金管理を徹底しているからです。

当ブログからトラリピの口座開設をすれば、タイアップ特典として私が利用している『トラリピ資金管理ツール』を入手できます。

よかったらぜひお申し込みください。

\マネースクエア×やりくりイモラ/
★限定タイアップ特典はこちらからどうぞ★

マネースクエア

トラリピ
イモラ的オススメFX会社
トラリピ(マネースクエア)
マネースクエア

・FXに時間をかけたくない
・FXで感情的に振り回されたくない

そんな人にオススメなのがコツコツ型FXのトラリピ

私も大事な家計のお金を運用しています。

トライオートFX(インヴァスト証券)
トライオートFX

・プログラムを自分で作りたい
・バックテストもできるとうれしい

そんな人にオススメなのが機能性に優れたトライオートFX

同時に開設される兄弟システムのトライオートETFも人気急上昇中!

やりくりイモラ