「トラリピでレンジアウトしそう!」そんなときにできる対策とは?

トラリピ

コロナショックで相場から目が離せない日々が続いています。

そんな中、トラリピで運用をしている人の中には、「レンジを外れそう」、「すでにレンジを下抜けしてしまった」という人もいるのではないでしょうか?

イモラ家でもトラリピで200万円以上を運用していますが、AUD/JPYがレンジを下抜けしそうなので少し対策をしました。

今回はその対策について説明します。

イモラ
イモラ

機会損失を最小限に抑えるための策を講じました。

AUD/JPYのトラリピ運用状況

以下では、我が家で運用中のAUD/JPYの買いトラリピを具体例として挙げながら、説明していきたいと思います。

AUD/JPYのトラリピ設定条件は、レンジ70~78円、本数21本、値幅0.4円となっています。運用資金は45万円です。

運用を始めた2019年8月以降のチャート上にトラップを表示しました。

45万円という運用資金は、リーマンショック後のAUD/JPYの最安値である55円までは耐えられるように、『トラリピ運用試算表』を使って求めました。

このあたりの詳しいことは、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

チャートを見ればわかるように、先週の急激な円高でレンジを一時的に下抜けした状況となっています。

合計21本のトラップのうち、70~76.4円までの17本はすでに約定しポジションとして抱えていますが、76.4円よりも上側の4本は未約定の状態です。

こんな状況でできることと言えば、何があるのでしょうか?

未約定の本数分だけ下抜け対策用のトラップを追加

設定レンジを70~78円、想定ロスカットレートを55円としているので、レンジを下抜けしてもロスカットまではまだ十分な余裕があります。

しかし、レンジを下抜けすると機会損失となるので、機会損失をできる限り回避したいところです。

そこで、未約定の4本のトラップに着目しました。

45万円の運用資金には、この4本の未約定トラップを仕掛けるのに必要な資金も含まれています。

しかし、この4本がすぐに約定することはない今、4本分の資金は実質的に遊んだ状態となっています。

ということは、未約定の4本の代わりにレンジの下側にトラップを4本追加してもいいということになりますよね。

イメージとしてはこんな感じです。

具体的には、レンジ68.4~69.6円、本数4本、値幅0.4円の下抜け対策用のトラリピを追加すれば、資金を追加せずに68.4円まで運用レンジを広げることができます。

もともとのトラリピはそのままで問題ありません。

コロナショックが落ち着いてレートが戻れば、追加したトラップはすべて決済されてお役御免となるので、そのときには下抜け対策用のトラリピを削除すればOKです。

ロスカットレートを変えずにさらにトラップを追加

「未約定のトラップと同じ本数だけレンジ下側にトラップを追加する」というのは簡単でいいのですが、私はこう考えました。

イモラ
イモラ

追加トラップは未約定トラップよりレートが低いから、4本以上追加できそう。

そこでまず、レンジ下側に4本追加し、未約定のトラップ4本分を無視したトラリピでは、ロスカットレートがどうなるかを確認してみました。

具体的には、レンジ68.4~76.4円、本数21本、値幅0.4円というトラリピを資金45万円で運用した場合のロスカットレートを『トラリピ運用試算表』で計算しました。

トラリピ運用試算表の入力画面はこんな感じになります。

トラリピ運用試算表の条件入力画面

その結果、ロスカットレートは53.1円と想定ロスカットレートの55円より約2円低くなりました。

トラリピ運用試算表の試算結果

つまり、同じ21本からなるトラリピでも、レンジがトラップ4本分下側にスライドすれば、ロスカットレートが2円低くなるのです。

その分、さらにトラップを追加できそうですね。

トラリピ運用試算表を使って、レンジ下端を0.4円ずつ下げるとともに本数を1本ずつ増やしていくと、ロスカットレートはこのようになりました。

レンジ本数ロスカットレート
68.4~76.4円21本53.1円
68.0~76.4円22本53.9円
67.6~76.4円23本54.6円
67.2~76.4円24本55.3円

この結果から、運用資金45万円のままでも、リスク(ロスカットレート)を変えずに67.6円までさらにトラップを追加できることがわかりました。

そこで、下抜け対策用のトラリピの設定条件を、レンジ67.6~69.6円、本数6本、値幅0.4円とすることにしました。

2月28日の時点で上記設定条件のトラリピを追加したところ、翌日には早速700円の利益を生み出してくれました!

イモコ
イモコ

これはちょっとややこしいわね。

イモラ
イモラ

簡単に済ませたい人は、未約定のトラップと同じ本数だけ追加するさっきのやり方でいいと思うよ。

レンジアウトしても何もしないのもアリ

私はできるだけ機会損失を回避したいという考えから、下抜け対策用のトラリピを追加することにしました。

今後のさらなる下落も見据えて、CAD/JPYについても同様の対策を行いました。

しかし、トラリピでレンジ抜けしそうなときに「何もしない」というのもアリだと思います。

何もしなければ、未約定の注文がある場合はその分ロスカットレートを下げることができるので、それだけ安全な運用にすることができます。

コロナショックがリーマンショックを超える事態になれば、この安全策が効いてくるかもしれません。

我が家のトラリピ運用では、もしそのような事態になれば、資金を追加して含み損には耐え抜くつもりなので、現状では利益追求を優先しました。

厳しい状況がしばらく続きそうですが、ここ最近の相場では、感情に流されずに機械的にトレードできるトラリピのメリットを改めてかみしめているところです。

裁量トレードだったら右往左往しているだろうなと(笑)。

心穏やかにFXしたい人に『トラリピ』は本当にオススメです。

マネースクエア
\裁量トレードが苦手でもこれなら勝てる!/