【資金管理表あり】トライオートETFでナスダック100トリプルをトラリピ運用!

トライオートETFでナスダック100トリプルをトラリピ運用!トライオートETF
イモラ
イモラ

こんにちは!トラリピ大好きトラリパーのイモラです。

トラリピと言えばFXを運用対象とするのが一般的ですが、トライオートETFを利用すれば、ETFをトラリピ運用することができます。

コロナショック後にナスダック100トリプル(TQQQ)というETFを少しだけトラリピ運用していましたが、これが絶好調!!

そのおかげで雑誌に掲載されるといううれしい出来事も!

…にもかかわらず、資金不足のため一時撤退していました。

そのあたりの話については、こちらの記事に詳しく書いています。

この度、ナスダック100トリプルの暴落が起きても、ある程度耐えられる資金が用意できたので、トライオートETFでの運用を本格的に再開することにしました。

イモラ
イモラ

運用資金は100万円です!

この記事では、ナスダック100トリプル運用を始めるに当たって必要となる情報をできる限り盛り込んでつもりです。

「トライオートETFで運用を始めてみたい!」という人の参考にしていただけるとうれしいです。

「そもそもトラリピって何なのよ?」という人は、まずは、こちらの記事を読んでいただければと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

トライオートETFとは?

トライオートETFとは、インヴァスト証券が提供しているトレードシステムの1つで、ETFの自動売買が可能なシステムのことです。

インヴァスト証券には、FXの自動売買が可能なトライオートFXもあり、こちらのほうがよく知られていると思いますが、そのETF版がトライオートETFというわけです。

イモコ
イモコ

そもそもETFって何なの?

イモラ
イモラ

時間のある人はこちらの動画をどうぞ。

ETFとは『上場投資信託』と訳され、簡単に説明すると、「株式のようにリアルタイムで取引ができる投資信託」のことです。

例えば、日経平均に連動する『投資信託』は、東京証券取引所が閉まったあとに毎日決定される基準価格でしか取引することができません。

一方、日経平均に連動する『ETF』なら、東京証券取引所が開いている間に時々刻々と変化する値でリアルタイムに売買ができるのです。

『ETF×自動売買』の組み合わせで、リアルタイムな値動きを利益に変える。それがトライオートETFの特徴です。

トライオートETFでは、5倍のレバレッジがかけられるので、資金効率のよい運用が可能なのも魅力です。

ナスダック100トリプル(TQQQ)とは?

トライオートETFでは、日経平均、S&P500、ナスダック100、原油、ゴールドなど様々なETFを取り扱っています。

>>トライオートETFの取扱銘柄一覧

この中から私が選んだのは『ナスダック100トリプル(TQQQ)』です。

ナスダック100トリプルの特徴や注意点は以下のとおりです。

値動きの大きなレバレッジETF

『ナスダック100トリプル(TQQQ)』とは、『ナスダック100(QQQ)』というETFの3倍の値動きをするレバレッジETFです。

ナスダック100は、米国のナスダック市場で時価総額が上位の銘柄の株価から算出される指数で、NYダウやS&P500と並ぶ米国を代表する株価指数です。

ナスダック100に含まれる銘柄はIT関連株が多く、NYダウやS&P500と比べて一般的に値動きが大きいと言われています。

ナスダック100トリプルは、値動きの大きいナスダック100のさらに3倍の値動きをするので、トラリピ運用による大きな利益が期待できます。

イモラ
イモラ

さらに5倍のレバレッジで資金効率アップ!

レンジ相場じゃないけど大丈夫?

ナスダック100トリプルをトラリピ運用するに当たって、少し不安な要素もあります。

こちらはナスダック100トリプルの2009年以降の長期チャートです。

ナスダック100トリプルの長期チャート
ナスダック100トリプルの長期チャート

世界一の経済大国のそのときどきの上位銘柄から構成されるため、ナスダック100トリプルは上昇志向が強いのです。

トラリピが本来得意なのは、一定の範囲で価格が上下する『レンジ相場』であり、上昇志向の強いナスダック100トリプルはトラリピ向きではないとも言えます。

上昇志向が強いなら、おとなしく積立投資でもして長期保有を決め込むのが正解かもしれませんね。

でも、私、トラリピの日々のチャリンチャリンが好きなんです!

イモコ
イモコ

急に感情論に走ったわね。

イモラ
イモラ

運用を続けるには自分が楽しめることも大事!

それに、いくら上昇志向が強いとは言え、2018年10月の世界同時株安、2020年3月のコロナショックなどではちゃんと(!)暴落もしています。

トラリピなら暴落をチャンスに変えられることはこれまでの運用で経験済みです。

このように、トラリピ向きな点と不向きな点の両方を持ち合わせているナスダック100トリプルですが、今回の本格運用でどういう結果が出るか楽しみです。

イモラ
イモラ

トラリパーとしての新たな挑戦です!

早期償還の可能性は?

ナスダック100トリプルは、ナスダック100の3倍の値動きをします。

もし、ナスダック100が1日で33.3%以上下落すると、ナスダック100トリプルは価格が成立しなくなり、早期償還となるおそれがあります。

ただし、米国市場では、一定以上の下落が生じた場合に、取引が一時的に停止される『サーキットブレーカー』という仕組みもあります。

このため、ナスダック100トリプルが1日で100%以上下落し、早期償還される可能性はゼロではないにしても、かなり可能性は低いと考えられます。

イモラ
イモラ

「早期償還がない」とは言い切れません。

なお、「3倍の値動き」というのは、あくまでも1日単位の話。

複数日にまたがってナスダック100が33.3%下落しても、それはセーフなのでご安心ください。

例えば、コロナショックでのナスダック100とナスダック100トリプルの下落率(2020年2月~3月の約1か月)は、次のようになっています。

コロナショック
での下落率
ナスダック100-30.6%
ナスダック100トリプル-72.9%

複数日にまたがるナスダック100トリプルの下落率は、減価によりナスダック100の下落率の3倍よりも小さくなるのです。

トライオートETFの手数料は?

トライオートETFでトレードする場合、売買手数料は不要ですが、スプレッドと毎日の『金利調整額』が運用コストとしてかかります。

2020年8月28日時点のナスダック100トリプルのスプレッドは0.81ドル(=158.27-157.46)でした。

ナスダック100トリプルの売値と買値(2020年8月28日)
ナスダック100トリプルの売値と買値(2020年8月28日)

スプレッドは価格に対して0.5%程度と決して小さくはありませんが、自動売買利用料のコストと考えれば許容できる範囲かと思います。

金利調整額は1日当たり1円未満となっており、保有したポジションがすぐに決済されれば、気になるほどの額ではありません。

しかし、ポジションが塩漬けとなった場合には、ジワジワとボディブローのように効いてくるおそれがありますのでご注意ください。

イモコ
イモコ

FXのマイナススワップみたいね。

イモラ
イモラ

同じような感じだね。

金利調整額は、基本的にポジション決済時に確定されますが、保有ポジションについては四半期3・6・9・12月の最終取引日にそれまでの分が一旦確定されます。

多くのポジションを保有した状態で四半期末を迎えると、まとまった金利調整額の支払いが発生しますのでご注意ください。

【朗報】2020年10月時点では1か月保有しているポジションの金利調整額が12円程度とほとんど気にならない額です。

ナスダック100トリプルのトラリピ運用条件

以前は、トライオートETFの『ナスダック100トリプル_大暴落でも継続運用』という認定ビルダープログラムで運用していました。

このプログラムは、トラリピ界で有名な鈴さんが作成されたプログラムで、次のような運用条件でナスダック100トリプルをトラリピ運用するものです。

運用ETFナスダック100トリプル(TQQQ)
買・売買い
運用レンジ1~149ドル
注文値幅1ドル
注文本数149本
利確幅3.5ドル

ただし、今回ナスダック100トリプルの運用を再開するに当たっては、

  • 利確幅3.5ドルでは少し物足りない
  • 運用レンジの上限が149ドルでは近々上抜けするかも

と考えました。

そこで、今回はビルダー機能を使って、以下のような運用条件のプログラムを自分で作成することに。

運用ETFナスダック100トリプル(TQQQ)
買・売買い
運用レンジ1~200ドル
注文値幅1ドル
注文本数200本
利確幅7.0ドル

赤字で示した条件が『ナスダック100トリプル_大暴落でも継続運用』の運用条件と異なる点です。

特に工夫も面白みもないごくシンプルなトラリピです(笑)。

イモラ
イモラ

シンプル・イズ・ベスト!

1つのプログラムでは注文本数100本までしか設定できないので、運用レンジが1~100ドルのプログラムと、101~200ドルのプログラムの2つに分けています。

一例として、101~200ドルに注文を仕掛ける場合の設定条件を下の図に示しています。

ナスダック100トリプルの設定条件(101~200ドルの場合)
ナスダック100トリプルの設定条件(101~200ドルの場合)

設定方法の詳細を知りたい人は、下の記事を参考にしてくださいね。

ナスダック100トリプルの資金管理

FXのトラリピでは、私はまず「このレートまでは耐えられるようにしよう」というロスカットレートを決めています。

そして、ロスカットレートを実現するのに必要な資金を計算し、その資金を用意したうえで運用を行っています。

ナスダック100トリプルでは、ロスカットレートを0ドルと決めて資金管理を行います。

ナスダック100トリプルの資金管理表

下の記事で公開しているトラリピ管理表と同じ考え方で、ロスカットレートを0ドルとした場合の資金管理表を作成しました。

1ドル110円、0ドルでの必要証拠金は最低額の500円という条件下で、10ドルごとにブロックに区分けし、各ブロックの必要資金を計算しました。

レンジ必要資金
(値幅1ドル)
191~200ドル220,050円
181~190ドル209,050円
171~180ドル198,050円
161~170ドル187,050円
151~160ドル176,050円
141~150ドル165,050円
131~140ドル154,050円
121~130ドル143,050円
111~120ドル132,050円
101~110ドル121,050円
91~100ドル110,050円
81~90ドル99,050円
71~80ドル88,050円
61~70ドル77,050円
51~60ドル66,050円
41~50ドル55,050円
31~40ドル44,050円
21~30ドル33,050円
11~20ドル22,050円
1~10ドル11,050円

ナスダック100トリプルは値動きが大きく、運用レンジを変更することが多そうなので、ブロックごとに必要資金を把握したほうが使い勝手がいいかなと考えました。

資金管理表の使い方

説明不要かもしれませんが、念のため、資金管理表の使い方を説明したいと思います。

例えば、51~150ドルのレンジで運用する人は、資金管理表の51~150ドル(10個のブロック)の必要資金を合計した1,155,500円となります。

電卓を打つのが面倒臭いと思うので(笑)、キリのいいいくつかのパターンについて必要資金の合計額を載せておきますね。

レンジ(レンジ幅)必要資金(値幅1ドル)
1~200ドル(200ドル)2,311,000円
101~200ドル(100ドル)1,705,500円
1~100ドル(100ドル)605,500円
151~200ドル(50ドル)990,250円
101~150ドル(50ドル)715,250円
51~100ドル(50ドル)440,250円
1~50ドル(50ドル)165,250円

次に、こんなケースも考えられると思います。

「51~150ドルのレンジで運用していたけど、高値更新しそうなのでレンジを170ドルまで拡張させたい」

この場合には、151~170ドルの必要資金の合計額363,100円が、ロスカットレートを0ドルに維持するために追加すべき資金となります。

それまでに利益が出ていれば、その利益を利用することで追加資金を減らすことができるでしょう。

イモコ
イモコ

ロスカットレートが0ドルなら安全そうね。

イモラ
イモラ

安全すぎるかもしれないね(笑)。

必要資金を減らしたいなら値幅を広げればOK

上の必要資金を見て、「運用資金、こんなに用意できないな…」とがっくりした人もいるかもしれません。

しかし、注文値幅を1ドルよりも広げれば、上の資金管理表よりも必要資金を減らすことができます!

例えば、注文値幅を2ドルにすれば約半分の資金で済みますし、4ドルにすれば約1/4で済みますよ!

レンジ幅を狭くしても必要資金は減らせますが、値動きの大きいナスダック100トリプルではレンジアウトしやすくなるのでオススメしません。

私が作成した認定ビルダープログラム『予算に応じてナスダック100トリプル』を使えば、簡単に値幅を1ドル、2ドル、4ドルの3段階に変更できますよ。

イモラは少しリスクをとって運用します

私は、レンジ1~200ドルでの運用なので、本来200万円以上必要なところ、とりあえずは100万円で運用してみます。

イモコ
イモコ

それで大丈夫なの?

イモラ
イモラ

いざとなったら資金を追加します。

私がリスクをとる理由
  • 1~200ドルの全ポジションを持った状態で、0ドルまで一直線に下落する可能性はほとんどないから
  • 運用中に積みあがる利益があるから
  • とりあえず利回りを追求したいから

しかし、いざとなったら追加できる余裕資金の確保はしてあるので、ギリギリの資金で私のマネをするのはやめておいたほうがいいと思います。

イモコ
イモコ

最初から余裕資金も入れておけばいいんじゃないの?

イモラ
イモラ

本来はそれが正解だと思う。

なお、ETFは価格が上がりすぎると、1株の価格を下げるために『分割』が行われることがあります。

ナスダック100トリプルは、前回は150ドルを超えたあたりで1株⇒3株の分割が行われました。

分割されない場合に備えて運用レンジの上限を200ドルとしましたが、実際には200ドルまで上がる前に分割される可能性が高いだろうと考えています。

分割されずに価格が一方的に上がっていくと、必要資金がグングン増えてしまうので、今回も150ドル超えたあたりで分割してもらえると助かります(笑)。

ナスダック100トリプルをへッジャーで運用しない理由

最後にヘッジャーに関する私の考えを少しだけ。

ナスダック100トリプルをトラリピ運用ではなく、自動売買セレクトの『ヘッジャー』をで運用している人も多いです。

しかし、ヘッジャーは、決済価格に応じて次の注文の指値・逆指値が決まるアルゴリズムとなっており、その動きを理解するのは難しいです。

一度全体としてどういう動きになるのか脳内シミュレーションを試みたのですが、私のCPUでは無理でした(笑)。

イモラ
イモラ

ヘッジャーを理解できた人、私に優しく教えてください!

自分が理解できないものを運用するのは抵抗があるので、私はヘッジャーでの運用は見送りました。

ヘッジャーでずっと運用されている鈴さんも、最近は「トラリピでいいんじゃないか」という発言をされています。

イモラ
イモラ

TQQQはトラリピ運用でOKってことでよさそうです(笑)。

また、ヘッジャーの中身を確認して気になったのは利確幅が小さすぎるということ。

注文によって利確幅は異なりますが、おおよそ0.5~2.0ドル程度となっています。スプレッドが0.81ドルに対してですよ!

これだと相対的に手数料の影響が大きくなってしまい、利回りが低下しそうなイメージを持ってしまうのは私だけでしょうか?

このあたりの感じ方は人それぞれだと思うので、気にならない人はヘッジャーでよいでしょうし、気になる人はビルダーで自分好みに利幅を設定すればいいと思います。

以上、長くなりましたが、トライオートETFでナスダック100トリプル運用を始めるに当たって必要な情報をできる限り盛り込んだつもりです。

参考にしてもらえればうれしいです!

イモラ
イモラ

トライオートETFが新たな不労所得の柱となってくれることを期待!

\ナスダック100トリプルで爆益?!/

トライオートETF

\トライオートFX×やりくりイモラ/
★限定タイアップ特典はこちらからどうぞ★

トライオートFX

/トライオートFX・ETFは同時口座開設です\